結婚前 平均貯金額

結婚前の平均貯金額について

結婚前の平均貯金額

『結婚』にかかった費用の平均は数百万円にものぼるそうです。 人生の一大イベントだからそれなりのお金がかかるのは予想できましたが、こんなにもかかるなんて! 結婚したみんなはどうやってこんなにたくさんのお金を用意したのでしょうか。 すでに結婚している人たちに聞いたところ、『2人の貯金』をベースに、『ご祝儀』と『親からの援助』で捻出したという意見が多数でした。

◆ほぼすべてのカップルが貯金していた◆
私が聞いたカップルのほとんどが結婚資金のために貯金をしていました。
・結婚を意識したときから婚約指輪を買うために
・結婚が決まってから2人で一緒に
・付き合う前からいつか結婚するときのために
貯金のはじめ方はそれぞれ違いましたが、結婚のためのお金ですからウキウキしながら貯められたようでした。また、目標額を決めることでよりモチベーションがアップしたという意見もありましたね。 婚約したときには2人の貯金を合わせても20万円程しかなかったけど、結婚式までの1年間で130万円貯めたという夫婦もいました。結婚という目的なしには貯められる金額ではないですよね。すごい!

◆結婚にかける費用は準備できる金額次第◆
結納をするか?式はどんな形式で挙げるか?披露宴には誰を招待するか?など、昔に比べたら結婚する2人が自由に選択できるようになりました。そのため、どのくらいの費用をかけるのかも柔軟な設定が可能です。 多くのカップルが、用意できる金額と頂けるであろうご祝儀を予想して予算を組み、その範囲内で結婚するという方法をとっているようです。
結婚式でこんなことをしたい!
新婚旅行へはここへ行きたい!
やりたいことがあるのなら、他のことは我慢するか、がんばって貯金して実現する。というのが今のカップルの基本姿勢なんだなと感じました。

◆ゼクシィの調査結果も見てみよう◆
最後に、「ゼクシィ結婚トレンド調査2012」で、結婚資金準備に関する調査結果が公表されていましたのでデータを紹介したいと思います。

≪2人の結婚貯蓄≫
結婚のための貯金をしていたひとは約90%で、その平均額は298万4千円。 100~200万円が24.0%で一番多く、200~300万円が19.5%、300~400万円が17.0%でした。

≪ご祝儀≫
いただいたご祝儀の平均額は226万3千円。 200~250万円が24.5%、次いで250~300万円が16.9%でした。 ご祝儀は招待したゲストの数や地域によっても変わってきますから、多めに見積もっておくよりは少なめにしておいたほうがよさそうですね。

≪親からの援助≫
親からの援助があったひとは約75%。ほとんどの親御さんが何らかの形で援助をしているんですね。平均額は182万8千円。