ある夫婦たち 結婚費用 実例

ある夫婦たちの結婚費用実例について

婚約してから新婚旅行までにかかる費用は、平均400万円以上なんていうデータもあるようですね。

≪ゼクシィ結婚トレンド調査2012より≫

結婚から新婚旅行までの結婚費用
北海道 275.9万円
福島 463.4万円
首都圏 454.0万円
東海 460.8万円
関西 454.1万円
岡山・広島・山口 405.6万円
九州 443.6万円
全国平均 444.2万円

地域差が結構あるのは、結婚式を華やかに挙げるかどうかという違いからだそうです。 北海道は会費制の披露宴が中心なのに対して、東海地方は披露宴に力を入れているひとが多いので高くなっているということです。 結婚にかけるお金はまさに『人それぞれ』 上のデータからも分かるように、結婚するにはお金がこんなに必要と決まっているわけではなく、どんな結婚のかたちをとるかによって、費用は多くもなり少なくもなります。 結婚するとこんなにかかるんだ! 自分たちにはムリだね、、 と思うことはありません。 結婚費用は人それぞれです。 自分たちにできる結婚をすればいいのではないでしょうか。 大切なのは『ふたりが幸せになること』ですよ。

結婚費用の実例をご紹介
これから、自分たちならではの結婚のかたちで、幸せになったご夫婦の実例をご紹介します。 結婚のかたちは違いますが、どちらのご夫婦も素晴らしいスタートを切ることができたと満足しています。ご参考になればと思います。

◆できることは自分たちで!節約節約で希望の結婚式を実現
夢の結婚式をしたいけれど、お金が足りない・・ そんなふたりがどうやって結婚式を実現することができたのでしょうか。
~旦那さまのおもい~
彼女は当初から思い描く結婚式があったようです。すべてをかなえるのはちょっと無理かなと思いましたが、なんとかできないか考え、そこで自分が得意(?)なパソコンを使って費用を抑えることを思いつきました。いろいろ意見がぶつかることも多かったような気がしますが、お互いの理解が深まるいい機会だったと今は思います。

~奥さまのおもい~
彼が節約家だったおかげで希望通りの結婚式を挙げることができました。とってもとっても感謝しています。わたしは意見を言うばかりだったかなと反省しています。その分これから恩返ししていきます。

≪ふたりの結婚式費用≫
挙式料 7万円
披露宴のパッケージプラン 180万円
衣装 50万円
引出物・引菓子・プチギフト 20万円
スナップ写真撮影 10万円
ビデオ撮影 20万円
ペーパーアイテム 5万円
計 292万円

パッケージプランには料理・飲み物・装花・司会などが含まれていますが、料理と装花のランクアップした結果、招待客60人で180万円となりました。 衣装も新郎新婦のパック料金で、奥さまの希望で和装からドレスへお色直ししました。 引出物や撮影関連は、旦那さまがインターネットで情報収集し費用を抑えました。 招待状や席次表、メニューなどすべてのペーパーアイテムは旦那さまの手作りです。かかった費用は用紙の購入代金だけでかなりの節約になっています。

≪ゼクシィ結婚トレンド調査2012より≫
挙式・披露宴にかかる費用
全国平均 343.8万円

~内訳~
挙式料 25.3万円
料理・飲物 124.2万円
新婦の衣裳 45.4万円
新郎の衣裳 15.8万円
引出物・引菓子・プチギフト 35.1万円
ブーケ 4.8万円
装花 17.5万円
スタジオ別撮り撮影 14.5万円
スナップ写真撮影 22.0万円
ビデオ撮影 17.4万円
映像演出 7.0万円
司会(プロに依頼) 6.4万円
ブライダルエステ 8.8万円
全国平均と比べてもかなり節約できてたことが分かりますよね。 できることは自分たちですることで、ふたりの絆も深まり、とってもすてきな結婚式が挙げられたご夫婦でした。
◆ふたりの貯金合わせて100万円。ほとんどご祝儀で済んじゃった。
結婚が決まったときの貯金は、
旦那さま 70万円
奥さまの 30万円
で、ふたり合わせて100万円というご夫婦はどのような結婚のかたちを選んだのでしょうか。見ていきましょう。

~旦那さまのおもい~
つき合ってからずっと半同棲状態だったので「家賃もったいないし一緒に住む?」という話から「それなら結婚しようよ」と流れと勢いでプロポーズしてしまいました。結婚のための貯金をする間もなく婚約してしまったので、充分な資金がなくて彼女には申し訳ないと思います。でもできるだけ希望をかなえてあげたい!

~奥さまのおもい~
ただただ「結婚しよう」といってくれた彼の気持ちがうれしくて即OKしました。彼は人並みに結納をして、挙式披露宴をして、新婚旅行に行って・・と考えていたようですが、わたしは結婚式に全くと言っていいほど憧れがありませんでした。だから「結婚式しなくてもいいんじゃない?」と提案しました。最初は「ほんとにいいの?」と驚いていましたよ。

最終的に、このご夫婦は、結婚式をしないという選択をしました。
そのため結婚にかかった費用はなんと160万円!
・両家の顔合わせ食事会 20万円
・結婚指輪 15万円
・新婚旅行 50万円
・引っ越し 20万円
・家具家電 65万円
計 140万円

ポイント1
堅苦しい結納はやめてお互いの家族が集まって食事会スタイルにしました。結婚式をしないのでそこで指輪の交換をしてみんなに祝ってもらいました。

ポイント2
婚約期間がほとんどなかったので婚約指輪はなしに、結婚指輪だけ購入。

ポイント3
気分新たにスタートするために新しいアパートに引っ越し、家具や家電もいくつかを買い替えました。

ポイント4
新婚旅行はバリ島10日間です。結婚式をしていなくても新婚旅行にいったら結婚したという実感がわいてきました。

ふたりの貯金額が100万円で、どうやって160万円を用意したのか? それは、ご祝儀です。
両家の両親、親族から頂いたご祝儀の内訳です。
旦那さまのご両親 50万円
奥さまのご両親 50万円
親族 35万円
合わせて135万円のご祝儀をいただきました。
ふたりが支払ったのは25万円ということになります。

結婚式をしないことで招待客からのご祝儀はありませんが、両家の親族からはいただくことができることが多いようです。 最初から期待して予算に入れるのは避けておいた方がいいですが、予想よりも負担が少なく済む可能性はありそうですね。